カフェイン中毒の嫁日記

新婚2年目の主婦による日常生活きっかけのあれこれ。結婚式に関する記事多めです。

【自動車保険】もうすぐ満期だから見直そう!!


スポンサーリンク

6月の末加入している自動車保険が満期を迎えます。

 

自動車保険の乗り換え時期って満期を迎えるタイミングが一番良い(満期日前日までの申し込み)

みたいですね!

 

結婚してから自分で更新するのは今回2回目です。

 

保険料の見直しって大事っていうじゃないですか!

 

でもネットで保険料の見積もりを出すと勧誘がすごいって聞くじゃないですか?

 

そこで今回は実際に自動車保険の見積もりを出してみて見直した結果を紹介しようと思います。

 

 

はじめに

今までは母の同級生が親子で保険代理店をしていてその付き合いで加入していて、自動車保険のことはすべて母に任せていました。

 

結婚して引っ越してからは自分で契約内容の変更をしました。

名字を変更して、その後車のナンバーと車の所有者も私の名前に変更。

 

契約書が届き確認すると...名字のふりがなが違う、車両使用者の名前が変わってない、車両所有者の名前も変わってない...。

 

間違いだらけで何回保険代理店に電話したことか。

ここを変更したら次はここがまだ変更されていないとか、いまだに車両所有者はディーラーのままです。

 

これは我慢の限界!!本当に頼りになるのかわからない!!ということで、付き合いも関係なくなったことですし、保険会社を乗り換える決意をしました!

 

現在の契約内容

・運転者の範囲 限定なし、26歳以上を補償

・等級 20等級

・事故有係数適用期間 0年

・免許証の色 ゴールド

・対人賠償 無制限

・対物賠償 無制限

・人身傷害 5000万円

 

・車両保険 50万円

・その他の特約 他車使用特約

 

で去年の自動車保険料は、約57,000円でした。

 

そして今年の保険料の見積もり書を見ると約59,000円。

 

ちなみに今入っている保険会社は日新火災です。

 

ネットの一括見積は勧誘の嵐?

以前1人で価格.comの一括見積をしてみようとしたことがあります。

 

しかし旦那さんに「それめっちゃ勧誘の電話かかってくるやつちゃうん!?」と言われたので断念しました(笑)

 

確かに一括見積は事細かく個人情報を入力していた最中だったので危ないところでした。

 

ネットで調べてみると、電話の勧誘はなくてもメールや郵便での勧誘は多いみたいですね。

 

そのため対策として多くの方が電話番号や住所を少しデタラメに書くみたいです。

 

でも郵便で見積もり表を送ってくる場合はどうするのでしょうか?

 

それでもネットで見積もり

ツイッターでみなさんがどこの自動車保険会社に加入しているのか聞いてみたところ、答えてくれた方全員がなんと東京海上日動でした!

 

そこで東京海上グループのイーデザイン損保の見積もりを出してみることに。

 

一括見積の時と違って個人情報は一切入力する必要がないんですね!

 

これなら安心して見積もりを頼むことができます。

 

先ほど説明した現在契約している内容とほぼ変わらない条件設定にしてみました。

 

入力事項はこんな感じ

・等級

・事故有係数適用期間

・事故の有無

・型式

・自動ブレーキ装置の有無

・初期登録年月

・所有者

・前年走行距離

・車両保険

・主に運転される方

・生年月日

・免許証の色

・使用目的

・使用地

・補償される運転者と年齢条件

 

手元に車検証があれば簡単に入力できます。

 

そしてその場で出た大体の見積もり料金がこちら!

f:id:yuzuhachimitsu:20190528202107j:image

 

プラン内容や違いについては詳しく説明しませんが、安いですよね!

 

今まで払っていた保険料の半額くらいになってしまいました。

 

安いからといって補償内容が前の契約内容より少ないということもなく、手厚い対応がついてきます。

 

他社と比べてみた

個別で見積もりをすれば勧誘の嵐に合うこともありません。

 

他の保険会社にも同じように見積もりしてみることにしました。

 

どの保険会社も最初に出た金額は安かったんですけど、車両保険がついていなかったり、補償内容が多かったりで必要な補償を追加していくとどんどん高くなりました。

 

そう考えるとイーデザイン損保の方が一発で見積もりを出してくれるし、補償内容もわかりやすくてよかったです。

 

まとめ

・ネットの一括見積は電話勧誘はないが、メールや郵便での勧誘はある

・個別に見積もると個人情報の入力はない

・自動車保険の見直すことはやっぱり大事

f:id:yuzuhachimitsu:20190528201217j:plain