カフェイン中毒の嫁日記

新婚3年目の主婦による日常生活きっかけのあれこれ。結婚式に関する記事やコスメレビューの記事多めです。

【名古屋飯】味噌煮込みうどんや味噌カツなど1泊2日旅行で食べたおいしい名古屋飯一挙公開!!番外編も!!


スポンサーリンク

どうもこんにちは!嫁です!

 

9月は私たち夫婦が結婚して2年になる結婚記念日がありました!

 

ということで3連休を利用して名古屋に1泊2日旅行に行ってきたので、食べた名古屋飯をご紹介しようと思います!

 

 

はじめに

名古屋の駅に着いてまず始めに買ったのがドニチエコきっぷです。

f:id:yuzuhachimitsu:20190925190906j:plain

大人600円で1日地下鉄やバスが乗り放題のきっぷです。

 

名古屋は基本的に電車移動だったので、600円で乗り放題はかなりお得でした!

 

駅の券売機や専用の券売機もあるみたいなので、名古屋に行かれた際は利用してみてもいいかもしれません!

 

ちなみにドニチエコきっぷを持っていると名古屋港水族館の入場券も割引されました!(2000円→1800円)

 

味噌煮込みうどん

地下鉄大須観音駅から徒歩5分くらいのところにある味噌煮込みうどんが人気のお店【たから】に行ってきました!

 

f:id:yuzuhachimitsu:20190925155744j:image

 

大須商店街の道路沿いに面しているお店で3連休ということもあってか行列ができていました。

 

f:id:yuzuhachimitsu:20190925155200j:plain

 

味噌煮込みうどんは大須の名物なんですね!

 

行列に並ぶこと30分か40分でやっと店内に入ることができました。

 

私が頼んだのは天玉にこみ(1100円)で天ぷらと玉子が入った味噌煮込みうどんです。

f:id:yuzuhachimitsu:20190925155136j:plain

 

麺が少し平たくて硬め、具はかまぼこ、ネギ、麩、うすあげ、かしわが入っていました!

 

色ほどは味も濃くないんですけど、コクのある味噌味でおいしかったです(^^)

 

煮込みうどんと白ご飯がセットの定食が人気でしたが『うどんと白ごはんなんて~』と思い、単品で頼んだのですが定食で食べるちゃんとした食べ方があるんですね(笑)

 

店内に入ると味噌煮込みうどんの食べ方指南がありました~。
f:id:yuzuhachimitsu:20190925155154j:image

 

店員さんに頼むと汁が服に飛ばないようにするエプロンがもらえるみたいです!

 

■住所:愛知県名古屋市中区大須2-16-17

■営業時間:11:30~20:00(平日15:00~17:00は準備中)

■定休日:木曜日

 

きなこ、みたらし団子

先ほど紹介した味噌煮込みうどんたからと同じ道沿いにあるお団子屋さん【新雀本店】に味噌煮込みうどんを食べた後に行きました。

f:id:yuzuhachimitsu:20190925155142j:image

 

お店の前でお団子を焼いていて、焼き立てを食べることができます!


f:id:yuzuhachimitsu:20190925155737j:image

 

みたらし団子は甘くないしょうゆ味でタレを付けてから少し焼くので香ばしい味がします。

 

きなこ団子は甘くてお団子のもちもち感を味わえます。

 

個人的にはきなこ団子の方が好きでした!

 

きなこ団子とみたらし団子はそれぞれ90円で、お店の前に串を捨てるところもあります。


f:id:yuzuhachimitsu:20190925155741j:image

 

串が捨てれるのでお店の前で食べる人が多いので、お店自体はすぐ見つかると思います!

 

お団子もすぐに渡してくれるので並ばず買えると思います。

 

■住所:愛知県名古屋市中区大須2-30-10

■営業時間:13:00~19:00

 

味噌カツ

行こうと思っていた【とん八】というお店がまさかの定休日だったため急きょホテルから近かった【矢場とん】の本店に行ってきました。

 

名古屋の味噌カツといえば矢場とんってイメージがありますよね!

 

本店は5階建てビルで行列ができていました。

 

お店の外で並んで、やっと注文して店内に入れると思いきやさらに店内で待ちます。

 

お店の入り口で1階、2階、3階と振り分けられる(4階は個室、5階は宴会場)みたいですね。

 

私たちは3階に行くよう言われ店内へ行きましたが、狭い階段を2階の待ち列を抜かして上がっていくので苦労しました。

 

旦那さんがロースとんかつで、私がヒレカツ丼を頼みました。

f:id:yuzuhachimitsu:20190925201227j:image
f:id:yuzuhachimitsu:20190925201230j:image

 

ヒレカツ丼は少し量が控えめになっていて、キャベツが別皿なので味噌とドレッシングが混ざらないので個人的におすすめです。

 

待ち時間が多いのと通路(階段)が狭いので、矢場とんへ行かれる方は本店以外がおすすめかもしれません。

 

■住所:愛知県名古屋市中区大須3-6-18

■営業時間:11:00~21:00

■定休日:無休

 

天むす

天むすって名古屋名物のイメージがありますが、実は三重県発祥なんです。

 

地下鉄上前津駅の12番出口を出て真っ直ぐ進んだところにあるめいふく天むす【千寿】本店に行ってきました。
f:id:yuzuhachimitsu:20190925155150j:image

 

テイクアウトがメインのお店で12:00~14:00の間だけ店内で食べることのできるお店です。(店内はテーブルが2席のみ)

 

私たちは11時半くらいに行ったのでテイクアウトして帰りの電車の中で食べました。
f:id:yuzuhachimitsu:20190925155157j:image
f:id:yuzuhachimitsu:20190925155139j:image

 

天むすの大きさは口が大きい方なら1口で食べれるほどの大きさ。

 

えび天は塩味が効いていてぷりぷりで、アルミに包んであったので購入して1時間経っても温かくておいしかったです!

 

付け合せの佃煮は辛かったです(笑)

 

本店の他にも松坂屋名古屋店、セントレア店、近鉄名古屋店、名古屋三越栄店などでも購入できるみたいです!

 

※昼過ぎの近鉄名古屋店は入荷待ちになっていたので、場所によっては買えないところがあるかもしれません。


f:id:yuzuhachimitsu:20190925155146j:image

 

■住所:愛知県名古屋市中区大須4丁目10-82

■営業時間:8:30~18:00(売り切れ次第閉店)

■定休日:火曜日、水曜日

 

 

うなぎ

ここからは少し番外編です。

 

名古屋といえばひつまぶしですが、三重県の津市でうなぎを食べてきました!

 

津市はうなぎの消費量が全国1位になったことがあるほどうなぎを食べる地域らしいです。

 

旦那さんの実家が三重県なので名古屋からの帰り道実家に寄りました。

 

そこでお義母さんと3人で食べたのが炭焼のうなぎ専門店の【うなふじ】支店です。

 

f:id:yuzuhachimitsu:20190925201248j:image

 

頼んだのはうなぎ丼の並(お吸い物付)で1,500円でした。

 

うなぎってもっと高いイメージがあるんですが、比較的リーズナブルな値段で食べることができます。

 

私はうなぎが好きではないし高いしで今までうなぎを食べに行くのを断っていましたが初めてチャレンジしてみることに!

 

うなぎの表面はカリカリに焼かれていて臭みもなく食べやすくてびっくりしました!

 

生まれて初めてうなぎ丼を1人前食べることができ、うなぎ嫌いを克服できたお店です。

 

高野尾町にあるうなふじ本店では並が1,300円で食べられるのでぜひ本店もチェックしてみてください!(本店は昼のみの営業です)

 

■住所:三重県津市河芸町上野173-1

■営業時間:11:00~14:00、17:00~19:30

■定休日:火曜日

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は番外編を含む名古屋旅行で食べた名古屋飯をご紹介しました!

 

旅行では大須や栄をメインに活動していたので、名古屋に行かれた際に行ってみてはいかがでしょうか(^^)

 

f:id:yuzuhachimitsu:20190913190945j:plain